5月12日天体写真 入間川河川敷

狭山市での空の明るさによる限界を感じつつ・・・ 一晩の成果を何枚か。
諸先輩にお見せするのはお恥ずかしいのですが、練習途上ということで・・・

M20

Conv0006

M8
Conv0007

M17

Conv0008

M16

Conv0005

M81 M82

Conv0002

M22

Conv0012

M28

Conv0009

M27

Conv0010

M57

Conv0015

M51

Conv0001


| | コメント (0) | トラックバック (0)

皆既月食 写真

2014-10-08皆既月食、近所の河原で撮影。

Comp6
Samyan 14mm F2.8  NEX-6  SS1/160~1/2 F5.6 ISO1600 3分半インターバル ほったらかしで、時々シャッタースピードを調整。 WB太陽光。 SiriusComp使用。
Conv0001
皆既月食中 1000mm F17相当 NEX-5N  SS2sec ISO1600  WB太陽光。 ステライメージで調整。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上達しない天体写真 (オリオン・馬頭・バラ・子持ち・かに) 

最近の天体写真成果・・・カメラの望遠レンズをやめて、新調した鏡筒で、初めての成果。
いっこうに上達しない。 暖かくなってからは、事情があって遠征できず、作品も増えていない。以下は今年初めの成果。河口湖畔にて、

Conv0001_2


Conv0002_2


Conv0003_2


Conv0004_2

Conv0005_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天体写真、最近の成果

この道の先輩方にお見せしたら笑われてしまいそうだが、やっとこんな写真が撮れるようになった。ポピュラーな対象ばかりなので、余計あらが目立つ・・・

自宅はもちろん、近所ではなかなか星が見えない。
月が明るくない、天気の良い夜で、翌日に仕事がない日なんてそうは巡ってこない。
場数が少なすぎる・・・、でも道楽は、楽しければそれで良し!


Conv0010

Conv0001_2

Conv0015

Conv0014

Conv0016

これらの写真はすべて シグマ170~500mmキャノン用ズーム(ヤフオク調達)をNEX5で使っている。
NEX5はIRフィルタ除去。・・・こう並べてみるとどれも空の色が合っていないなぁ・・・



| | コメント (0) | トラックバック (0)

SkyWalker赤道儀の電動化 

トイクラスの赤道儀と言われても、無いよりマシ。 引っ張り出してきて・・・さらに一軸電動にしてしまった。

自動導入のCelestron赤道儀を車から出し入れするのが面倒(三脚が重すぎる)で、ポラリエと共に車に載せたままになってしまっている。 自宅の、空のあまり見えない狭いベランダでチョイ見するときに、何か赤道儀が欲しい。 だいぶ前に(まだ星に興味がなかった頃)マイレージでもらったKenko SkyWalker PCⅡ?の赤道儀を引っ張り出して使う事にした。ついでに多少でも追尾してくれたらと、秋葉原の秋月からステッピングモータとコントローラキットを購入、ウォームギヤは通販で探して組み立てた。
スピードあわせとギヤの位置関係の微調整にけっこう手がかかった。

Conv0001_2
(赤道儀と駆動モーター、コントローラー。これに12V電源が必要)
Conv0002

極軸あわせが出来る環境でもなく、・・・ウ~ン、写真を撮るには300mmで30秒以上ともなると厳しい。(流れる) ベランダからはほとんど何も見えないので、追尾の必要もないか?? でも無いよりマシ、そう言い聞かせて深入りしない事にした。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小型赤道儀・ポラリエを改造、極望つけたまま使えるように・・・

だいぶ前に、ビクセンのポラリエを改造して、極軸望遠鏡をつけたままで撮影が出来るようにした。いろいろ販売されているが、割と高価なので・・・極望つけるだけなら穴開けりゃいいではないかと・・・

 

多くを語る必要はないが、オリジナルの雲台取り付けアダプタの部分を改造して実現した。これならば高精度な工作機械無しで実現できる。アダプタに乱暴にも大きな穴をホールソーで開けてしまった。後は秋葉原で買ってきたアルミ材を加工しただけ。加工精度が悪い・・・でもガタもなく目的達成。

 

バランスウェイトは0.8kg程度か・・・もっと軽くてもよさそう。きちんと測っていない。回転部がオリジナルのままなので、滑りが悪くバランスはとりにくい。まあ、NEX-5に広角や標準レンズ程度だから十分に使える。

Conv0003

Conv0004

 

 



Conv0001

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ソニー NEXインターバルタイマー リモコン バルブ対応 の試作

悪魔のささやきに負けて、作りました。

制御器本体は、以前購入したキャノン用(EosKiss)のインターバルタイマー(ヤフオク、中国製2千円?)を本体として利用する。 赤外リモコンを最初から作るのは面倒(出来そうも無い)なので、これもヤフオクで買ってあった500円以下の中国製NEX用レリーズリモコンを流用。 そのスイッチ部分をキャノンのタイマーコントローラーで短絡すればインターバル撮影だけは出来ることを確認した。 インターバル撮影のみならこれで完成・・・だがバルブは絶対必要。

Conv0003
【基板は赤外リモコンを切断したもの】
NEXのバルブは赤外リモコン一回押しで露光開始、もう一度押すと終了。(同じコマンド?) リモコンコマンドも解らない状態ではあるが、これで実現の目処は立った。 変にコマンドを調べてみようとしないで良かった。

キャノン用タイマーの方は露光中ずーっと短絡状態(オープンドレイン?無電圧のON)となっている。 これではNEXリモコンでのバルブ対応できないので、以下の作業が必要になった。

キャノンタイマーの出力信号を細工して(変化点をパルスに(微分?)変換)赤外リモコンのスイッチ部を短絡するための変換をする。 これで動くはず。 キャノンのタイマーでは半押し信号が出ているが、これは無視。 マニュアルモード撮影で、バルブ露光が出来ればよいので、半押し信号でもシャッター信号のどっちでも同じこと。(両方ともオープンドレイン/コレクタ?と思われる)  その信号のワイヤーをリモコンとパルス発生回路電源供給に転用する。 

変化点をパルスに変換する部分は、手っ取り早くCR遅延とXORゲート(MC14070:通販購入)を使った。 遅延時間?手押しと似てれば良いんでしょとばかりに適当に、50~100msec(10kΩ+10μ)か。
赤外リモコンを小さくして組み込むために電池部を切断、変換回路のプラケースに収容。キャノン用タイマーを開けて出力信号の一方を電池のプラスにつなぎ換えて電源出力すればコントローラから電源供給でき、小型化も実現。

Conv0006

【右の箱がパルスに変換する回路、箱の蓋内側に赤外リモコン基板を貼り付け】

めでたく動作することが確認できた。 バルブ長さは1秒~?時間、インターバルも同じ。 繰り返し回数は399コマまでで、インターバルタイマの仕様。 当然ワンショットも可能。 理想的! 外観はICASさんのものをまねて、NEXグリップ部にマジックテープで脱着。 ハッピーです!

Conv0005
キャノン用インターバルタイマー : ヤフオクで2~3千円、 (小さなスイッチでもつけてキャノン用と共用しても良い)  NEX用赤外リモコン : ヤフオクで500円以下、 その他プラボックス、IC、イヤホンジャック、万能基板の切れ端等小物の合計千円以下。 総合計4千円程度か?  こう考えると1万6千円の既製品はチトきつい。 既製品のコントローラも中国製の流用だろうし機能は同じはず。
こんな感じでよろしければ、欲しい方に実費プラスアルファで制作して差し上げましょう・・・プラスアルファがくせ者か・・・?ヤフオクにも出す事があります。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

天体写真とソニーNEXの相性 NEX-5 201310

月の写真やら天体写真やらを写し始めてかれこれ1年近くなる。

当初はズーム倍率が大きい一眼のような格好したデジカメ(ネオ一眼?)を使っていたが、いざ望遠鏡をつなごうとすると不都合が多すぎる。

で、今ではヤフオクで落としたミラーレス一眼NEX-5(15千円)をスターショップさんでフィルタ除去改造(18千円)をしてもらって使用している。他にC35NKissX5も有るが、もっぱらこの改造機を愛用。半年くらいになったか。

NEX-5を天体写真に使ってみて、あくまで入門者として、印象を。

 

小さくて軽い。なんと言ってヤフオクでも安く買えるし改造リスクが軽くなる。

ライブビューでそこそこ星が見える。拡大表示するとフォーカスも楽。モニターが一応バリアングル。

キャノンはノイズが少ないと言うが、これも少ない方ではないか?内蔵のノイズリダクション無しで、ISO3200まではなんとか使えると思う。あくまで初心者は。6400になるとちょいと無理があるか。ダーク処理は面倒でやったこと無い。

キャノンのレンズを使用するためのマウントアダプタが安価で種類が多い。2千円前後。従って色々なキャノン用レンズがマニュアルモードで使える。ヤフオクでの入手も楽。
Conv0001

そのマウントアダプタの厚み(フランジバック?)が大きく、その中にフィルターが組み込みやすい。4948(2インチ)のステップダウンリングを接着固定しておくと市販の比較的安価な2インチフィルターが使える。写真の中央のアダプターがフィルター組込。ミラー一眼をそのまま使ったのではこの芸当は出来ぬ。Conv0002

画素数は十分すぎる。まあ感度がそこそこだから良いことにする。(写真はシグマの170~500APOズームキャノン用を取り付けた様子)

 

許せないのはリモコンが赤外のみで、インターバル撮影が出来ないこと。2分露光で48枚撮影なんて、暗い中でストップウォッチ(か料理タイマー)でつきっきりになる。

バルブ対応のインターバルリモコンはIcasさんhttp://icas.to/lineup/ir-rmt-nex.htmで販売しているものだけの模様。猛烈高価で、16千円!(カメラより高い)。これのコントローラーは他の一眼用のインターバルタイマーリモコンを利用している。 スイッチサイエンス?さんのはバルブに対応していない。

 

作れば良いじゃないか・・・悪魔のささやきが聞こえる。で、作り始めてしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お月様にも親しんでます。  月の写真

星雲やら、星座やら、天の川の撮影には月は迷惑だったりする。

仕方なく?少しずつ写してみているが、けっこう難しいものだ。
Conv0005_2
Conv0001_3
Conv0002_3
Conv0003_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近は無線よりお星様・・・? 天の川の写真

えらい道楽を始めてしまった・・・。気づくのが遅すぎる・・・。
ポラリエやら、セレストロンのGT電動赤道儀をヤフオクで入手したり結構高い勉強代を払っている。 鏡筒もヤフオクから安価なものをいくつか入手したが、やはり中途半端になってしまう。安物買いの・・・?
それでもこの半年くらいで少しずつ知恵が付いて、まねごとで写した写真が少し残せている。
近所の河原では光害がひどくてろくに見えないので遠征も増えた。

何十年ぶりかで肉眼で天の川を眺められて、さらに深みにはまってしまった。

Conv0002_2

Conv0001_2

Conv0003

Conv0004



| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧