« アイコム IC-7600 の後継ぎが IC-7300 になってしまった理由  普通なら IC-7610 になるはず? | トップページ | PCの CPUクーラー を使ってハイパワー(400W~550W)ダミーロード 製作  ペルチェ素子導入は失敗 »

JTAlert JTDX でHAMLOG出力ではB4が表示されない とりあえず解決

JTAlertを使っていて、ある日LOGファイルを消失してしまった。困った、全くB4表示ができなくなってしまった。
HAMLOGから作り直せば良いんでしょうと気楽に考えていたのだが、甘かった。

今回、なんとかHAMLOG出力のadiファイルを加工して、B4表示できるようになったので、備忘録。
対症療法なので、まねされても解決するか、保証の限りではない。

HAMLOGの「検索」「複合条件検索と印刷」でadi形式のファイルが作られることは承知していて、WebLOGサイトにアップするときにはよく使っている。

Hamlog  
あとから判明の<GRIDSQUARE>、全角を除く のチェックも必要。

Photo_20210622211401
今回はFT8モード限定での出力を設定した。「検索1」でFT8を指定。

中身の項目についてはつぶさにチェックしたことはなかったが、アップロードして問題が起きたことはなかった。(eQSL,、LoTW、QRZ.comなど)   で、甘く見て、HAMLOGから出力したadiでそのままJTAlertに読み込ませれば良いと思っていた。しかしこれではB4が全く表示されない。
一方JTDXの操作で「ログに記録」ボタンでログに追加した局(新規QSO)はチャンとB4として表示されることが判明。
JTAlertのログファイル(wsjtx_log.adi)をテキスト表示すると追加した行はやたらに長いことが解った。
記録される項目数がHAMLOG出力の部分よりはるかに多い。

どの項目を追加すれば良いのか、(涙ぐましい努力)カットアンドトライの結果、いくつかの項目のうちどれかが欠けるとB4表示してくれないことが解った。
自局のコールサイン、GL、ZONE、RX_ BANDなど簡単にコピーで追加できる項目は念のために追加した。
いろいろやってみた結果から推定すると、相手局のGL(グリッドロケーション) がないとまずいらしい。 
相手のGLはJTDXがどこからGLを得ているのか解らないが、歯抜けのようにGLが無いレコードには手書きで追記した。
adif2xls2adif_v0.99b.xls でエクセルファイルにしておいて、いろいろ加工するのが便利。
( https://mqc.beepworld.it/libreria-software.htm )

あるいはADIFMasterというフリーソフトが使える。( http://www.dxshell.com/software.html )

Adif  

こうしてブランクの項目にデータを追加することでJTAlert上のB4表示が出来ないことは解決できた。

なおこの過程で、他のOMの皆様のブログで、OMが経験した同様の事例の中にHAMLOG出力adiに全角が含まれると不具合が生じる事例も紹介されていた。これはHAMLOG出力設定で「全角を除く」にチェックが必要。

ついでにと言っては不謹慎だが、JTDX本体のB4表示はやはりHAMLOGの出力のままではB4表示できず、STATION_CALLSIGNとMY_GLIDSQUAREのいずれかまたは両方がないとまずい模様だ。
私の場合にはJTDX、JTAlertのログは他には使用しておらず、B4表示のためだけに必要な条件なので、以上の条件は、 他になにか影響が出るかもしれぬ。

以上はJTAlert、JTXがB4表示するための、HAMLOG出力adiファイルの加工条件。
対症療法でのメモなので誤りもあるかも知れず、ご容赦ください。

|

« アイコム IC-7600 の後継ぎが IC-7300 になってしまった理由  普通なら IC-7610 になるはず? | トップページ | PCの CPUクーラー を使ってハイパワー(400W~550W)ダミーロード 製作  ペルチェ素子導入は失敗 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アイコム IC-7600 の後継ぎが IC-7300 になってしまった理由  普通なら IC-7610 になるはず? | トップページ | PCの CPUクーラー を使ってハイパワー(400W~550W)ダミーロード 製作  ペルチェ素子導入は失敗 »