« アイコム IC-703 入手、パワー出ず PA FET RD07MVS1交換修理  ICOM IC-703 PA FET REPLACE | トップページ | Micro SD card module for Arduino の SPI bus で競合トラブルの顛末記 »

Pana Let’s Note CF-S10にWindows10を無償アップグレード 2019年11月

2010年頃に購入したLet’sNote CF-S10 はメーカのサイトではWin10に対応できないとの記述がある。

で、無償アップグレードもせずにWin7を使い続けてきたが、いよいよサポート終了に近づいた。中古市場ではCF-S10にWin10をインストールしたものが販売されているようだ。
Win10を購入せずに何とかならぬかと考えていたところ、いくつかのサイトで、今でもMicrosoftが無償アップグレードの手順を示していることが解った。もちろんオリジナルのWin7が正規のライセンス版であることが条件のようだが、正規品を使用しているので、そこは問題ない。

これを使用することで、昔のようなクリーンインストールではなく、アプリもデータファイルも引き継げるようだが、一応バックアップだけは取って、リカバリディスクも作っておくことが大切。
ここで「ツールを今すぐダウンロード」でMediaCreationTool.exeをゲットする。
https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10


Win10dl_20191125010201

これを起動して、画面に従っていけば良い・・・・はずが問題が起きた。
「次の作業が必要です」と言ってきてWin10と互換性の無いソフトのアンインストールを求めてきた。
私の場合には Intel Dynamic Power Perfomance Manager を手動で削除せよと。
ここで一旦作業中断してアップグレードを一旦止めた。

コントロールパネルで上記をアンインストールして、再度最初からアップグレードを始めたが、また同じメッセージが出て次に進めない。 削除は出来ているはずで、コントロールパネルには既にその存在は見えない。

もしやと思って 「Windows管理ツール」の「サービス」の中でIntelDynamicPowerPerfomanceManagementが動いているのを見つけた。一応無効にしてみたが、状況をが変わらずアンインストールしろと言ってくる。

困って、ネットを検索すると、ちゃんと先輩がいらっしゃった。
https://qiita.com/umeyon/items/8b0ada20e7758fd970d4
にIntelDynamicPowerPerfomanceManagementの削除方法が示されていた。

概要は下記の通り。

Windouwsシステムツールの「コマンドプロンプト」を右クリックして「その他」「管理者として実行」に進んで黒いウィンドウで C:\WINDOWS\Syste32>のプロンプトを確認して以下を入力。

sc.exe stop EtmService     既に無効にしてあるとエラーになるかも知れず、それは無視
sc.exe delete EtmService

del C:\windows\system32\drivers\EtmDevDram.sys
del C:\windows\system32\drivers\EtmDevFan.sys
del C:\windows\system32\drivers\EtmDevGen.sys
del C:\windows\system32\drivers\EtmDevPch.sys
del C:\windows\system32\drivers\EtmDevProc.sys
del C:\windows\system32\drivers\EtmDrvMgr.sys
del C:\windows\SysWow64\EtmService.exe

  上記入力は↑キイで前の行を呼び出して編集すると早くて、間違えにくい。

次に regedit  コマンドでレジストリエディターを呼び出して

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Uninstall\IIF2Installer
        を削除

以上が終了したら、exitコマンドでウインドを閉じて、PCを再起動して 再度 MediaCreationTool.exeを実行する。

以上で「インストールする準備が出来ました」まで進むことができ、あとは長~~いインストールの完了を待つだけ。  
私の場合は1時間ちょい、かかった。
インストール後の立ち上がりはWin7と大差ない。(SSDを使用しているので差を感じないのかも知れない)

昔お勧めを無視してWin7を使い続けていたので有償を覚悟はしたものの、CF-S10は対応できぬかも知れぬのに金は出したくなかった。
これから先、アプリのどれかで文句を言うのが出てくるかも知れないが、とりあえず2019年11月に、めでたくWindows10 Proへの無償アップグレードに成功した。 
CPUがi5-2540でやや物足りないがそれは用途を軽いアプリに限定してカバーしましょう。

Panawin10

 

|

« アイコム IC-703 入手、パワー出ず PA FET RD07MVS1交換修理  ICOM IC-703 PA FET REPLACE | トップページ | Micro SD card module for Arduino の SPI bus で競合トラブルの顛末記 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アイコム IC-703 入手、パワー出ず PA FET RD07MVS1交換修理  ICOM IC-703 PA FET REPLACE | トップページ | Micro SD card module for Arduino の SPI bus で競合トラブルの顛末記 »