« アンテナの鳥よけ、フクロウかマグネットか カラス、ハト、オナガに効いている 緑色レーザーポインタ カラスバスター追記 | トップページ | MINI CNC3018PRO 到着 中国製 ミニフライス・ルーター PCB作りましょう・・・ とりあえず動いた »

中国製アンテナアナライザ・ベクトルネットワークアナライザ(VNA)登場 NanoVNA 50kHz~900MHz 日本語取説

アンテナアナライザもいろいろ触ってきたが、最近になってまともなネットワークアナライザに「似ている」アナライザが
57千円で手に入るようになった。
eBayやBanggoodなどの通販で購入できるので、ダメモトで購入してみた。3週間で届いた。
とても小さくて、どこかに紛れ込みそう。タバコより小さいかな? 54mm x 85.5mm x 11mm

魅力は以下のような仕様と、小ささ、タッチパネル アンテナ特性のみならずフィルタなどS21が測れる などか・・・

周波数範囲:   50kHz900MHz (いくつかのバージョンがあってファームウェアで変更できるらしい)
出力レベル:   -13dBm 
測定レンジ:   70dB (50kHz-300MHz), 50dB (300M-600MHz), 40dB (600M-900MHz)
電源:      Liイオン電池(3.7V 450mAh保護回路付き) USB 5Vで充電
         通販業者によりバッテリーなしのバージョンもある
ディスプレイ:  2.8インチ カラータッチパネル(TFT 320x240)
PCインタフェース:USB TypeC PCソフトはダウンロードにて入手 (英文マニュアル含む)
付属品:     SMAケーブル2本 SMAJ-SMAJ、オープンプラグ、ショートプラグ、50Ω終端プラグ

とりあえず何も見ずに使ってみた。制御スイッチが使いにくい。左右とプッシュで切り替えるがなかなか言う事をきいてくれない。
PCインタフェ-スが無かったら、リードを引き出して別のスイッチに置換したいくらい。

アンテナのVSWRS11)は問題なく測定可能。リターンロス(dB)VSWRの表示が切り替えられる。スミスチャート表示も良い。
もっと周波数設定などがやりやすいと評価は高くなる。
手元にあった50MHz帯用のLPF特性を測ってみるとこれも期待通り。当然だが、並みのアンテナアナライザではマネが出来ない。
リニアアンプ用のLPF特性を測りたかったのが実現した。

取説、PCソフトなど入手してPCから扱うと使い勝手は抜群に良くなる。これからぼちぼちと勉強しつつ使い込んでみたい。
ダウンロード - english.zip

購入価格は6,400円だったが、その後電池なしで2千円以下というのまで出ている事が解った。恐ろしい世の中になっている。
ケースなしのユニットなので、何か適当なハウジングを作ってやる必要はある。
しかしそれにしても、何十万円も出してまっとうな物を購入するのは無銭家には厳しいが、これならばソコソコ使える。
ただし、屋外でのアンテナ調整に使うのには少々デリケートすぎるし、周波数設定も面倒で、このVNAは不向き。
先のKVE60Cのアンテナアナライザの方が使いやすい。
http://jp1khy.air-nifty.com/blog/2019/01/kve60c-mfj-223-.html

通販検索例 eBayならNanoVNA Vector Network analyzer、 あるいはBanggood なら日本語可・・・他にもありそう。
価格下がっている模様。

日本語取説 PDF 

ダウンロード - nano20vna20e697a5e69cace8aa9ee58f96e8aaac.pdf

 

【その後】
 本稿のアクセスが、小生のブログとしては珍しく高く、このVNAの人気が高いことがわかる。
 あくまで安いVNAの入手後の感想を記述したまでで、メーカーや販売業者の肩代わりをしたつもりも無い。
 コメントも多く頂くが、このブログではコメントは原則、非公開にしているので、メールで回答するようにしている。
 しかし、メアドが誤りか、嘘のこともある・・・残念。
 そして、コメントの中には、当方を【サポートセンター】と勘違いしていらっしゃる方も多く、困惑している。
 VNAの基本やスミスチャートの仕組みなどを理解せずに「これで良いのか?」と問い合わせてくる方まで居る。

 多い問い合わせは、VNAのキャリブレートもせずに、当然得た結果もずれていることを、クレームのように仰る方だ。(これが一番多い) 
 VNAはキャリブレートもせずに使えるものでもないし、アンテナアナライザのように適当なケーブルをつないでも使えるものでも無い。
 (VSWRだけならそれなりに測れるが・・・スミスチャート上の表示まで議論するわけには行かない) 
 最近では、言われる現象を再現して原因を調べることはしないことに決めた。

 PCソフトの機能や、品質についても、購入した業者に問い合わせることもしないで、こちらに聞かれても困る。
 中国の業者も最近ではきちんと対応するところが増えている。ただし英語が必須のようだが・・・。
 当方はメーカでも無いし、販売業者でもなく、VNAのスペシャリストでも無い。
 申し訳ないが、自己責任で勉強されて、業者に問い合わせをして、解決して欲しいと、素朴に思う。  20190909

 

Conv0006_20190709164901 Conv0005_20190709164901
Conv0008_20190709212001 Conv0007_20190709164901Conv0001_20190709164901

Conv0003_20190709164901Conv0004_20190709164901

 

PC画面のスクショ例

50MHzアンテナのVSWRなど

6m-ant-rtnlos 6m-ant-vswr

6m-ant-smith

 

50MHz LPF特性 

Lpf-fd50mb-daiwa_20190709170601 Lpf-fd50mb-daiwa

 

|

« アンテナの鳥よけ、フクロウかマグネットか カラス、ハト、オナガに効いている 緑色レーザーポインタ カラスバスター追記 | トップページ | MINI CNC3018PRO 到着 中国製 ミニフライス・ルーター PCB作りましょう・・・ とりあえず動いた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アンテナの鳥よけ、フクロウかマグネットか カラス、ハト、オナガに効いている 緑色レーザーポインタ カラスバスター追記 | トップページ | MINI CNC3018PRO 到着 中国製 ミニフライス・ルーター PCB作りましょう・・・ とりあえず動いた »