« 50MHz デルタループアンテナ 移動用 給電部作り直し | トップページ | 中国製アンテナアナライザ・ベクトルネットワークアナライザ(VNA)登場 NanoVNA 50kHz~900MHz 日本語取説 »

アンテナの鳥よけ、フクロウかマグネットか カラス、ハト、オナガに効いている 緑色レーザーポインタ カラスバスター追記

 今の住居で開局して既に30年以上になる。高さは低いがアンテナを上げた直後から鳥の爆撃()に悩まされた。洗濯物と、直下の車の屋根にかなりの頻度で被害が発生。来る鳥はスズメ、オナガ、ドバト、カラス・・・と言ったポピュラーな奴ら。 HF八木のエレメントにオナガや鳩が並ぶ様子は、腹立たしいことこの上ない。
黄色のビニール風船に丸が描いてある物を取り付けたが全く効果なし。

   CQ誌の広告で見つけたフクロウの人形を一番高い位置に取り付けた。1個数千円(5千円以上?)で高価だったが、多少効果があったのかも知れない。被害頻度は皆無では無いが減ったように記憶している。。風でフクロウの向きが変わるようにテグスでぶら下げてある。
しばらくして(10年くらい?)で時々爆撃されることが増えた気がした。爆撃回数を記録していたわけでもなく、あくまでも印象。
その頃アンテナの変更などでタワーに登った時にフクロウの目が曇っていることに気がついた。ガラスかと思って拭いたがプラスティックらしく、つやが出ないので一旦下ろして磨いた。つるつるにして「目」らしい輝きに。これで再設置。なんだか効果はどうなのかわからない。とにかく皆無にはなっていないが、やや有効。「目」は曇らせぬこと。

 どこかで動物は地磁気を感じて行動すると読んだ。ホームセンターでカラス対策用のマグネット利用の仕掛けも散見する。
それではとホームセンターで磁力が強うそうなマグネットをいくつか買ってきた。
太めのテグスの紐の中心当たりで縛ってブチルゴムテープで固めて脱落防止。いろいろ工夫してセンターから離れたところに引っかけてぶら下げる。届きにくいが投げ縄のような仕掛けで引っかけるのが良い。風でマグネットがゆれるのが良さそう。写真には見にくいが,小さな黒い点がマグネット。あるいは八木のブームに沿わせてテープで取り付けるのもありかも。こうしたことで合計8個ほど取り付けて様子を見ている。

 既に数年が経過したが、めったに爆撃はない。数ヶ月に一度あるかどうか・・・。少なくとも我が物顔でエレメントに止まっているなんてことは皆無になっている。以前はタワーを揺らしたりして追い払ったものだった。 今でも近所のドバトやオナガ、カラスは元気ではあるが・・・、当局のアンテナには止まらない。

鳥の行動(飛ぶルート)も変わるし、フクロウか、マグネットどちらが決定的に有効なのかわからないが、とにかく気にならなくなった。

2021.3.追記:
どうも対策経過と効果を見ると、一番効果があったのは「カラスバスター」という黄色いプラスチック板のようだ。それなりの金額の出費ではあるが、アンテナのみならずゴミ集積所にも効果があった。 各種の対策と結果を考えると、テグスを張り巡らせたことでネットのような効果があるようだ。それとカラスバスターの相乗効果なのか??? プラスティックフクロウは目玉のツヤ、光がなくなると効果なしと断言できる。
2

追記

その後、2019年7月になって突如として数回の「爆撃」あり。数羽がアンテナで戯れている事を目撃、アンテナをまわしても、ローテータの速度では反転数回の揺らすのが精一杯。それでも飛び立つのに時間がかかった。

いろいろ調べると6~7月は繁殖期が終わって、幼鳥が巣立つ頃との事。多分近所にある巣から飛び立ち始めて、アンテナが羽ばたき練習の休憩所なのだろう。

ネットにあるカラス撃退法で試していない事を二つやってみた。

1.緑色レーザーポインター。これは顕著な撃退効果はあるが,常時照らしておけるものでは無い。カラスが止まっている時に照射すると即時飛び立つ。目や、頭に照射されていなくても、体の近くに当たるといやがるようだ。数十メートル離れていてもレーザーポインターでそのあたりを指すようにすると飛び立つ。しかし、ハトやオナガ、その他の鳥には全く効果なし。カラスの視覚だけに効くようだ。これはすごい効果である。
赤色のポインターで効果があるかどうかは全く不明。
緑色のポインターは値段が高い。赤の倍以上する。で安いモジュールだけ購入して作ってみた。(写真) 
カラスは紫外線領域も視感度があるようだが、緑はもっと可視光範囲内になる。ここは疑問のまま。緑のポインターの方が一般に輝度が高いという記述もある。今度赤と、靑色のポインターとテストしてみたい。紫外線懐中電灯もテストしてみたい。

2.次は市販の「カラスバスター」というフィルムのような黄色いパネル。仕組みは良くわからないが、集まったカラスにこのフィルムを見せるとすぐに逃げるという動画が宣伝に使われている。類似品も売られている。(写真) 
特定の光波長を吸収したり、変換??したりするらしい。それでカラスの視覚を狂わせるという。ホントかどうかわからないが、数千円出して購入、アンテナにとりあえず3枚ぶら下げた。ひらひらさせる必要があるらしい。効果のほどは不明。少なくとも取り付け後の数週間は被害は無し。

アンテナと鳥の糞被害は永遠の課題??のようだ。

Conv0011Conv0010Photo_20190713101601

|

« 50MHz デルタループアンテナ 移動用 給電部作り直し | トップページ | 中国製アンテナアナライザ・ベクトルネットワークアナライザ(VNA)登場 NanoVNA 50kHz~900MHz 日本語取説 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 50MHz デルタループアンテナ 移動用 給電部作り直し | トップページ | 中国製アンテナアナライザ・ベクトルネットワークアナライザ(VNA)登場 NanoVNA 50kHz~900MHz 日本語取説 »