« -20d カプラー と10W/10dB減衰器 製作 減衰器計算ツール  | トップページ | FT-817用リニアアンプ 中国製 HF 用を 50MHz でも使えるか MiNiPA50回路図あり »

アンテナアナライザ、その後 KVE60C MFJ-223

アナライザはいろいろ使ってきたが、今でも使っているのはクラニシのBR-510MFJ-259BAA-54。それぞれ使いやすいので、状況により使い分けている。

 

 

最近、衝動的にポチってしまったのが、中国製のKVE60Cというポケットサイズの優れもの。私は周波数設定がダイアル式であることにこだわっているので、飛びついてしまった。

 

Dsc_0058

 

(写真)実はこれ、MFJ-223と全く同じ?物。eBayでUS$209(約23,000円)ブランドが変わると価格も跳ね上がる。まして国内で買おうとすると、さらに跳ね上がる。eBayでは若干納期はかかる(2~3週間)が安く買える。

 

 

0.5~60MHz、ポイント周波数測定とスキャンが出来る。小さくて軽いのと周波数をダイアルで変えられるのが気に入っている。ダイアルを押すと桁が変えられて、素早く変更が出来る。
バッテリーはリチウムポリマー1.8AhUSB充電。小さくて軽いのも良い。ストラップで首から提げて胸ポッケに入れてタワーに上れる。PCとつないでデータを記録できる訳ではないし、スミスチャートが描ける訳でもないが、とりあえず野外で使うための十分な条件がそろっている。
気に入っている。

 

アンテナアナライザいろいろ  2011.05
http://jp1khy.air-nifty.com/blog/2011/05/aa-54mfj-258bae.html


|

« -20d カプラー と10W/10dB減衰器 製作 減衰器計算ツール  | トップページ | FT-817用リニアアンプ 中国製 HF 用を 50MHz でも使えるか MiNiPA50回路図あり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アンテナアナライザ、その後 KVE60C MFJ-223:

« -20d カプラー と10W/10dB減衰器 製作 減衰器計算ツール  | トップページ | FT-817用リニアアンプ 中国製 HF 用を 50MHz でも使えるか MiNiPA50回路図あり »